株式会社Royal Fortune
- Change to the best of life -
最高に幸運な未来へ変える -Royal Fortune-

  • Image 01

    占いのその先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは夢の実現

  • Image 04

    それは幸福への階段

  • Image 05

    想いは叶う

  • Image 06

    そして幸せな未来へ…

株式会社Royal Fortune > 占い解説 > 人相 顔相とは

■人相 顔相とは

人相 顔相とは、顔の形や作り構成からその人の性格や運勢、潜在能力を判断する術になります。 運勢や潜在能力だけではなく、その人の健康状態や今の環境などを看破することにも非常に有効的な占術です。 その人の歴史やこれまでの人生、努力や経験が表情に現れるとするのが基本的な考え方になります。

人相 顔相
人相 顔相
能力看破
能力看破

人相顔相は、顔の形や構成だけではなく、表情や化粧の仕方、眼鏡の掛け方や帽子のかぶり方、など、あらゆる視点からその人の顔について考察していく占術です。 人相や顔相を極めた鑑定師ともなると、顔を見ればその人の全てが分かるともされています。 その人の顔を見れば、その人についての様々な状況が分かるというのが、人相顔相の基本的な考え方になります。

■人相 顔相の歴史

人相や顔相の歴史は古く、古代ギリシャでは盛んに研究が行われ、人相や顔相の基本的な概念が生まれたとされています。 古代ギリシャの医者であり、医学の父と呼ばれる有名なヒポクラテス(紀元前460~370年前後)は、その医学的な観点から人相や顔相を研究したとされています。 また、古代ギリシャの哲学者であり、万学の祖と呼ばれ、マケドニア王アレクサンドロス大王の家庭教師を務めたとされる有名な アリストテレス(紀元前384年~322年3月7日)は、その類稀なる才能と視点から人相や顔相にも深い影響を与えたとされています。 そして、その有名なアリストテレスの師でもあり、有名なソクラテスの弟子にあたるプラトン(紀元前427~347年前後)も、その広い知識や経験から、 人相や顔相についての基礎を築いたとされています。

歴史的にも非常に影響力の強い、ヒポクラテスやアリストテレス、プラトンなども、人の顔に現れる相を元に、その人の性格や運勢、健康状態などを考察していたとされています。 哲学や医学的な分野に長けていた人々が人相や顔相に対して興味を抱き、考察していたことが、現代の人相や手相の基盤となっています。 様々な自然現象や病気などに面し、様々な人の表情や顔を見て来た人たちが体系化し、現代に伝わるのが人相や顔相の占術になります。

ヒポクラテス
ヒポクラテス
アリストテレス
アリストテレス

■人相 顔相の左右と上中下

人相や顔相で、その人の性格や運勢を診断する際には、まず初めに顔を左右と上中下の三部位に分けて考察します。 顔の左右が対照的であるほど、その人の性質は純粋で真っ直ぐなものとされ、美的にも評価されます。 しかし、完全対象になると不自然な人相や顔相となり、忌み嫌われることとなります。 左右の相のバランスには黄金率というものがあり、その黄金律に近い顔を持つ人ほど、美的な顔を持ち容姿で高い評価を得る事となります。 逆に左右の相が違う人ほど、二面性を持ちつことや性格に難があること、容姿での評価が得られないとされます。

顔の左右
顔の左右
顔の上中下
顔の上中下

人相や顔相では、眉より上を「上停」と呼び、初年運(生まれてから25歳前後)を表すとされています。 眉より下、鼻の下までを「中停」と呼び、中年運(25~50歳前後)を表すとされています。 鼻の下から顎までを「下停」と呼び、晩年運(50歳~前後)を表すとされています。 それぞれの時代の幸不幸、運勢の良し悪しなどをこの上中下の停より推察していきます。

▼上中下停の意味合い
区分内容
上停~25歳前後 幼少期や家庭環境 両親や目上との関係
中停~50歳前後 社会性や金銭運 成功や結婚運 仕事能力
下停50歳~ 晩年の家庭運 子孫運 不動産や資産 目下との関係

■人相 顔相 上中下停の割合

人相や顔相では、顔を上中下の三つの区分に分け、その人の性格や運勢を考察していきます。 顔の上部分から順に、「上停」「中停」「下停」と呼びます。 上停は、初年運や育った家庭環境、目上の人との関係や知性、両親との関係などに関することなどを表すとされています。 中停は、中年運や社会性や仕事能力、恋愛や結婚などの傾向性、経済力や意思の強さなどを表すとされています。 下停は、晩年運や結婚後や晩年の家庭環境、不動産や人生を通しての資産力、社会的な地位や目下との関係を表すとされています。

初年~中年~晩年の考え方は流派などにより様々なものになりますが、概ね25歳区切りで考えていくと分かりやすくなります。 初年運は25歳前後までの運勢を表すとされますが、25歳で明確に変わるわけではなく、25歳手前から次第に中年運の運勢も出始めていきます。 同じように25歳過ぎた後でも、両親との関係や目上の関係を考える際には上停での考察が重要になっていきます。

この上停、中停、下停の区分は、それぞれの運勢などを考察するには重要な要素になりますが、それ以外にもこの3区分の割合なども人相や顔相をする際には重要になります。 上停、中停、下停の配分が均等であれば安定を表し、不均等であればその部分を重視して考察します。 広い部分では運勢が安定することや、繁栄が期待できるといった感じになります。 反対に、狭い部分では運勢が不安定になる事や、問題や障害が訪れるといった感じに判断します。

初年運
顔の上中下
晩年運
顔の上中下

▼上中下停の割合
割合内容
均等人生全体的に安定した運勢の基盤を暗示
広いその年齢域での成功と発展が期待できる
狭いその年齢域での苦労と障害を暗示する

■人相 顔相 顔の形

人相や顔相で非常に大事になる部分は、顔の形、顔の輪郭になります。 顔の輪郭がどのような形なのかで、その人の性格や運勢の基本的な傾向が強く表れてきます。 顔の輪郭が丸型なのか、四角型なのか、逆三角形型なのかなどで、その人の性格や運勢を考察していきます。

顔の形や輪郭が丸型であれば、純粋な心を持ち、好奇心旺盛で何事にも深く考えずに挑戦するような純粋な前向きさを持つとされます。 顔の形や輪郭が四角型であれば、自分の考えや意思が明確であり、的確な行動や発言をする人とされます。 顔の形や輪郭が逆三角形型であれば、思考力や発想力が旺盛で、頭の回転が速く洞察力に長けている人とされます。

顔の輪郭 丸型
顔の上中下
顔の輪郭 逆三角形
顔の上中下

この他にも様々な顔の形や輪郭の部類がありますが、それぞれに合わせてその人の性格や運勢を表すと考えるのが顔の形や輪郭になります。 顔の形や輪郭はその人の顔の基盤ともなるため、人相や顔相で考える際には非常に重要な基盤になります。 この顔の形や輪郭をその人の性格や運勢の基盤として、上停、中停、下停を考慮し、その他の要素を掘り下げていくのが人相や顔相の基本になります。

▼顔の形と輪郭
顔の輪郭内容
丸型純真 童心 素直 好奇心旺盛 向上心
卵型一般的 平均的 安定 安心 忍耐力 美的 良好
四角型直情的 情熱的 威厳 直球勝負 空気を読まない
下膨れ型積極的 意思が強い 頑固 努力家 職人肌 苦労が多い
逆三角形型思考力 頭脳明晰 計算力 洞察力 発想力 計画性
ホームベース型社交性 先を読む 情報処理能力 空気を読む

■人相 顔相 顔の色

人相や顔相では、その人の顔の色も重要な要素になります。 顔の色がどのような状態なのかで、その人の健康状態を考察していきます。 人相や顔相といった観点ではなくとも、その人の顔色の良し悪しは体調を表しているとされるのが一般的な解釈でもあります。 人相や顔相では、その顔色からどこに問題があるのかなどを掘り下げていくことができるのが特徴でもあります。

一般的な人相や顔相の考え方では、顔の色が通常時と異なる場合、その顔色に合せた「五行」に適応する「体の部位」に異常があると考えます。 顔色が異常に青色の場合、五行における「木行」の部位に問題があるとされます。 五行における「木行」の部位とは、「肝臓」と「胆のう」になります。 顔色が異常に赤色の場合、五行における「火行」の部位に問題があるとされます。 五行における「火行」の部位とは、「心臓」と「小腸」になります。

顔の色合い 青
顔の上中下
五臓五腑
顔の上中下

このように顔色と五行の色から、五臓五腑の異常や問題を考察していくのが人相や顔相での顔色の考察になります。 これ以外にも、異様な色をしている際には、純粋に問題があることや、死相が出ていると判断することもあります。 また、様々な人種により、肌の色や顔の色が変わりますが、どのような人種であっても、普段の顔色が基本の顔色になります。 その基本の顔色からの異常な顔色の変化を考慮するのが人相や顔相では大事になります。

▼顔の色と五行
顔の色五行五臓五腑
木行肝臓胆のう
火行心臓小腸
土行脾臓
金行肺臓大腸
水行腎臓膀胱

■人相 顔相 顔の要素

人相や顔相では、顔の形や輪郭、顔の色や上停~下停の割合などを見た後、顔を構成するそれぞれの要素の状態を考察していきます。 人相や顔相で考慮する顔の構成要素とは、「額」「目」「鼻」「口」が主要な部分になりますが、これ以外にも「眉」「耳」「頬」「顎」なども考察していきます。

額が広く綺麗な場合、初年運が良く目上や両親との関係が良好とされます。 額が狭い場合などには、目上や両親との関係に難があり、社会に出ても日の目を見ないとされます。 横に広がる場合には、存在感や向上心が強くなる傾向にあり、丸い額になると温和で協調性があるとされます。 額に一般とは違う異様な相が出ている場合、先祖の悪い因縁を受け継いでいると判断します。

目は顔を構成する要素の中でも非常に重要になり、目を見ればその人が分かるという人も居るくらいの重要な要素になります。 また、人相や顔相以外でも、この目の作りがその人の印象に強い影響があり、その人の幸不幸を決めるくらいの重要な部位と判断します。 目が細く吊り上がっている場合には、人を疑いやすく自分の本性を表に出さないこと、結果で自分を表現するとされます。 目尻が垂れ下がっている場合には、温厚で優しく人のために尽力できる人であり、人間関係も安定するとされます。

顔の要素 目
顔の上中下
顔の要素 口
顔の上中下

このように、顔を構成する要素はその人の印象そのものでもあり、その人の人生を大きく左右する要素にもなります。 成功者に多い人相や顔相もあれば、犯罪者に多い人相や顔相もあるというように、人相や顔相はその人の特徴や運勢、性格などを表す要素を読み解く手掛かりになります。

▼顔の要素と運勢
顔の要素意味
両親や目上との関係 存在感や向上心 先祖からの因縁
性格の冷温 警戒心の強さ 向上心の有無 人間関係
寿命の長さ 攻撃心 高慢さ 性機能 金銭運
発言力 協調性 行動力 自己中心度合い 浮気度合い
男性性と女性性 攻撃力と守備力 感情の起伏
先天的な運勢 知識と知恵 経済力と発展性 音楽性
人気運 愛情運 恋愛運 結婚運 幸福度合い 人徳
精神力 意志の強さ 闘争心 支配欲 交友関係

■人相 顔相 ほくろ

人相や顔相では、ほくろの表す意味合いは重要になり、ほくろの現れる場所により、それぞれのほくろの表す意味合いが変わります。 非常に良い運気上昇を表すほくろもあれば、運気低迷を表すほくろなどもあり、進んでいる方向性が良いのか悪いのかを判断する材料となります。 ほくろは、基本的には紫外線の影響により皮膚に現れてきますが、場合によってはそれ以外の状況で現れてきます。 その際には、今の状況において大きな節目を迎えていると判断し、現れている場所により、その意味合いを考察していくことになります。

ほくろも場所や大きさだけではなく、生まれてから間もない成長段階のほくろであるか、既に成長を遂げたほくろであるかも大事になります。 成長しているほくろは「活ほくろ」と呼ばれ、場所によっては運気上昇が非常に強いものとして考慮していきます。 逆に悪い場所の際には、危険が訪れる前兆として最新の注意をしていくことが必要になります。 既に成長が終わり、定着しているほくろは「死にぼくろ」と呼ばれ、良い場所に現れている際には運気の停止と下降を表します。 逆に悪い場所に現れている場合には、運気の停止を表すため、それ以上の下降はなく、否定的な意味合いが停止していると考慮します。

顔の要素 ほくろ
顔の上中下
顔の要素 ほくろ
顔の上中下

額にほくろがある場合には、人気運があり周囲から注目されやすくなる半面、人間関係などで問題を抱えやすくなります。 額に現れるほくろの場所にもよりますが、仕事運や金運に非常に良い影響を与えるのも額に現れるほくろになります。 良くも悪くも人間関係や仕事に強い影響を表すのが額のほくろであり、この運勢を活用することで、人間関係を上手く操り仕事や恋愛での成功を手にすることができます。

目の周りのほくろは、主に恋愛や結婚に関して強い影響力を持つとされています。 現れる場所によって、良き恋愛と結婚生活、子宝に恵まれるとされ、場所によっては異性問題や失恋離婚を繰り返すとされます。

耳に現れるほくろは、仕事運や金銭運、社会的な成功度合いや発展性などを表すとされています。 場所や大きさ、活死により影響力の大きさなどが変わっていきます。

このように、ほくろの現れる場所と活死によって、実に様々な影響を読み解くことができます。 人相や顔相をする際には、このほくろの解釈は相の解釈に合せて、相の意味合いをより強弱するといった具合に考察していくことになります。

▼顔のほくろと運勢
位置意味
人間関係 目上との関係 成功度合い 仕事と金銭運
金銭関係 相続問題 投機運とその障害
恋愛結婚 失恋離婚 子宝と肉体関係 幸せ度合い
異性関係と性欲 子宝と肉体関係 不倫関係や問題
会話能力 意思疎通 仕事運 知能 私情の問題
金銭運と仕事運 健康運 意志の強さ 嫉妬心
努力と忍耐力 執着心 腹黒さ 闘争心 略奪心
統率力 経営力 目下との関係 玉の輿と子孫繁栄
計画性と仕事能力 会話力と決断力 後援者との縁

■人相 顔相 しわ

人相や顔相では、顔に現れるしわを手相と同じように、その人の運勢を表すものとして考えます。 手相と違い、顔に出てくるしわは、年齢を重ねるほどにはっきりとしたものになります。 そのため、その人が歩んできた人生そのものを表すのが顔に現れるしわでもあるとされます。 顔に現れているしわを読むことで、その人が歩んできた歴史や人生そのものが分かり、その人の持つ潜在能力や今後の可能性、幸不幸などを読み解くことができます。

人相や顔相では、額にしわがある人は、吉相の持ち主として判断していきます。 努力家でもあり、社交性もあり、これまでにいろいろな経験を重ね、成功への道を切り開いてきた人として判断します。 特に額に三本線が刻まれる人は、その幸運度合いも強く表れていると考察します。

人相や顔相では、目尻にしわがある人は、社交的で人間関係も広く、良い環境に恵まれる人として判断していきます。 普段から表情豊かであることの表れであり、これまでの人生の中での喜怒哀楽の表現が多く、人当たりや付き合いが良いことで良い環境を築くことができる人とされます。 温厚な人が多く、人間関係に恵まれることなどから、基本的には幸運な人生を送れる人とされます。

人相や顔相では、眉間にしわがある人は、集中力が高く初志貫徹の努力家として判断していきます。 頑固者であることや、融通が利かないために精神的な重圧を心に秘めやすく、人知れず苦労している人でもあります。 否定的な感情が強くなると爆発してしまうこともあり、時に攻撃的な側面を見せてしまうこともあるのが特徴です。

顔の要素 しわ
顔の上中下
顔の要素 しわ
顔の上中下

このように、人相や顔相では、主要な部分に刻まれてくるしわは、その人のこれまでの人生の集大成として表れてくるものであります。 人の性格や傾向は簡単に変わるものではなく、今後も同じような傾向になりやすいため、これまでのことを知ることで、今後も予知できることになります。 現代では、美容整形などの技術により、しわを取り除くことなどもできる時代ではありますが、その人の歴史が変わるわけではありません。 気が付けば同じような場所にしわが表れているということなどもあります。

▼顔のしわと運勢
位置意味
幸運度合い 吉相 努力と経験が豊富 成功への道
眉間努力家 集中力 職人肌 精神的な重圧 攻撃的
目尻良好な人間関係 情緒豊か 温厚 幸運な人生
ほうれい線仕事運 健康運 体力と忍耐力 実務能力 真面目

■人相 顔相と化粧

人相や顔相は、顔そのものでその人の運勢を表すとされるものになります。 この運勢を改善し、より良い運勢にする開運法となるのが化粧になります。 男性の場合は、なかなか難しいものではありますが、女性の場合には自分自身の運勢を化粧によって変えることができます。 逆に良い運勢を持つ女性が、化粧によって運勢を下げてしまうという事も少なくはありません。 昔から、化粧による降霊術や呪術があったように、化粧は日常的なものでありながらも、その意味は非常に深いものになります。 その人の運勢を下げるような化粧をする事が無いように気を付けることが大事になります。

人相や顔相では、女性にと手の唇は恋愛運を表すものとされ、恋愛をする人には口の化粧が非常に重要になります。 上唇は相手に与える愛情とされ、下唇は自分が受け取る愛情とされます。 そのため、上唇の化粧を間違えると、片思いをしやすく報われない恋愛に陥りやすいとされます。 逆に下唇の化粧を間違えると、重い愛情を受け取りやすくなり、執拗な人に追いかけられやすくなるとされます。 適切な化粧をする事で、相手からの愛情を受けられやすくなり、適度な愛情を与えて幸せになれるのが、化粧を人相や顔相の開運法で使う応用法になります。

人相 顔相と化粧
顔の上中下
人相 顔相と化粧
顔の上中下

このように、化粧の仕方によって、運勢が大きく変わってしまうこともありますので注意することが必要です。 基本は顔質が自分と同じような人で、幸せな人の化粧を真似ることが開運と幸せへの近道になる化粧方法になります。 芸能人などの化粧や私生活、幸不幸などを参考にするのが分かりやすくなります。

▼顔の化粧と運勢
位置意味
仕事運を金銭運の上昇 努力の報われやすさ
仕事での成功と収入 人間関係の幸せ度合い
人気を集める 愛情を受け取る 愛情が逃げる
金銭の出入り 精力と肉体関係 子供運
健康と幸福度合い 仕事と金銭運の良し悪し
上唇自分が与える愛情 恋愛の幸不幸 金銭運
下唇自分が受け取る愛情 恋愛の幸不幸 金銭運

■人相や顔相の活用法

人相や顔相は、ある程度活用できると、初対面の人の性格や運勢を的確に把握することができます。 その人がどのような人生を歩み、どのような性格であるのか、そして今後はどのようになっていくのかが分かります。 大事なことは、苦労してきた過去や問題を抱えていた過去がある場合、簡単に性格や未来は変わらないという点になります。 変化を期待してしまうのが人情や愛情でもありますが、人生はそう簡単なものではありません。 基本的に背負ったものは簡単に手放せるわけではなく、今後も同じような事を繰り返すものとして考察する事が大事になります。

逆に、これまでの経験や背負ってきたものが実になり、成功している人は顔にも表れてきます。 そして未来の成功も期待できるため、縁を大事にしておくことが必要になります。 このような人との関係性は自分にとっても非常によい縁となり、自分の進む道の後押しをしてくれることもあります。 人相や顔相をある程度把握しておければ、仕事上の人間関係や、営業面では適切な対応が出来ることになります。 周囲の人間関係に対しても、その相手に合わせた対応ができるため、円満な人間関係を構築することができるでしょう。 また、恋愛などでは相手の性格や人生などが見えてくるため、恋愛への向き不向きを判断できるだけではなく、将来性や結婚の可能性なども考察することができます。

仕事では、面接や営業面で、相手の運勢や性格を考察することができますし、婚活では将来の幸不幸を判断することができます。 更に応用すると、道を歩く人の全ての人の人生や性格も見えてしまうというのが人相や顔相でもあります。 人相や顔相の占術に長けた人は、霊視や霊感のような特別な能力を持つ人と同じような判断力と考察力を持つとされます。

人相 顔相と仕事
顔の上中下
人相 顔相と恋愛
顔の上中下

■人相 顔相の得意分野と位置付け

人相 顔相の得意分野は、その人の顔の形や色合い、目鼻口などの配置などから、その人の健康状態や性格、運勢や将来性などを判断することになります。 その人の顔を見るだけで、その人に関する様々なことが読み解けることから、非常に汎用性のある占術にもなります。 顔の状態を見るだけで、その人の健康状態や性格、将来における運勢を診断することができる優れた占術でもありますが、同時に非常に複雑で難しい占術でもあります。 今の状態が良いのか悪いのかを瞬時に判断し、そこから広がる将来性を看破することができるのが人相 顔相の強みでもあります。

人相 顔相は「命術・卜術・相術」で言うところの「相術」にあたります。 そのため、人生すべてを表すというよりも、今の状況や近未来の状況がどのようになるのかを判断するのに適しています。 生まれ持った宿命や、人生における運勢の傾向、他人の状態などを見ることには適さず、自分自身の今の状態を確認して対策をするという使い方が基本になります。 人相 顔相は、年月と共に変わる物であり、自分自身の状況を確認するという意味合いで活用し、定期的に状況を確認することが適切な活用法にもなります。 運勢の状態だけではなく、健康状態の確認という意味でも、人相 顔相は非常に有効的な占術の一つになります。

▼人相 顔相の位置づけ
命術生年月日時から算出
卜術その場の機運から算出
相術見た目や様相から算出←人相 顔相