株式会社Royal Fortune
- Change to the best of life -
最高に幸運な未来へ変える -Royal Fortune-

  • Image 01

    占いのその先に

  • Image 02

    何があるのだろう

  • Image 03

    それは夢の実現

  • Image 04

    それは幸福への階段

  • Image 05

    想いは叶う

  • Image 06

    そして幸せな未来へ…

株式会社Royal Fortune > 占い解説 > 姓名判断とは

■姓名判断とは

姓名判断は、姓と名の漢字の画数を元に吉凶の運勢を判断する術です。 姓名判断の基本な考え方は「名は体を表す」になります。 画数の良い姓名は、性格や運勢の良さを表し、努力の報われやすさや人との縁の良さ、潜在能力の豊かさに現れます。

姓名判断
姓名判断
名は体を表す
名は体を表す

現代の日本で占いに用いられている姓名判断は、日本発祥のものになります。 日本の伝統的な姓名判断は、人の姓名に用いられる字の画数を元に、五運「天運」「人運」「地運」「総運」「外運」を算出し、その画数の吉凶を占うことになります。 一般的な姓名判断は、この姓名の画数から五運を算出して占うものになります。

この他に、「社会運」「家庭運」を取り入れた七運を算出しての姓名判断もあります。 古代中国の陰陽五行思想を元にした、三才の考慮法や、陰陽の考慮法なども流派により採用されています。 漢字の読みによる五行の算出からの姓名判断や、漢字字体が持つ五行の意味合いからの姓名判断などもあります。 日本で発達してきた姓名判断も、その考え方は古代中国の陰陽五行思想を背景に持ちます。


■姓名判断に用いる漢字

姓名判断で、漢字の画数を計算する場合、「旧字体」「新字体」「字源」などのどの漢字の画数を考慮するかという視点があります。 また、戸籍上の姓名の漢字による姓名判断や、普段使う姓名の漢字による姓名判断などにも分かれます。 姓名判断の流派で、どの字体を用いるのかは様々になります。

姓名判断はそれぞれの流派で深く研究されているものであり、その流派が採用している字体での姓名判断に精通しているものになります。 そのため、どの字体で姓名判断をするのが当たるのか、当たらないのかではなく、どの流派でも当たる姓名判断を目指して研究しているため、どの流派の姓名判断も当たるものになります。 ここで注意したいところは、姓名判断の流派で採用されている字体とは違う字体を使い、その流派の姓名判断をしても当たらなくなるという点になります。 姓名判断の流派が決めている字体を用いて占うのが姓名判断では基本的な事であり、重要な部分でもあります。

姓名判断の漢字
姓名判断の漢字
姓名判断の漢字
姓名判断の漢字

■姓名判断で考慮する霊数

姓名判断では、霊数という考え方があります。 これは、1字姓や、1字名の際に考慮する要素になり、採用している流派と、採用していない流派などがあります。 姓名判断の主要な五運を重視した姓名判断では、霊数は姓と名の判断に影響してきますが、考慮しない流派も多くなります。 七運を使用する姓名判断では、霊数の意味合いが重要になり、1字姓や1字名の場合には霊数の考慮が必要になります。

霊数は1字姓の場合には、姓に適応され、1字名の場合には名に適応されます。 基本は20歳未満であれば0とされ、20歳以上になると1を考慮して加算されます。 この考慮も、社会に出てから、成人してから、などの考え方がありますが、20歳を分岐点にするというのが基本になります。

霊数は1字姓の場合、「天運」「外運」「家庭運」に影響します。 霊数は1字名の場合、「地運」「外運」「社会運」に影響します。

総運に関しては、姓名を構成する字の画数すべてという意味合いから、霊数を考慮しないのが基本的な考え方になります。

霊数
霊数
成人
成人

■姓名判断の七運と算出法

姓名判断では、「天運」「人運」「地運」「総運」「外運」の五運を重視しますが、「社会運」「家庭運」の二運も含め、七運で姓名判断をする場合も多くなります。 当サイトの姓名判断や、命主風水派の命相術では、七運を考慮しての姓名判断になります。

天運は、姓を構成する字の画数の和であり、地運は名を構成する字の画数の和になります。 人運は、姓と名の結合部の1字ずつの画数の和であり、総運は、姓名を構成する字の総和になります。 外運は、総運の画数から、人運の画数の差になります。

社会運は、総運から姓名の最後の1字を引いた値になり、家庭運は総運から姓名の最初の1字を引いた値になります。 霊数は関わる部分になる際に考慮していきますが、総運の場合のみ霊数を考慮することはありません。

姓名判断の各流派での重要度などを考慮し、七運の優先順位を考えると、天運 人運 地運 = 総運 > 外運 > 社会運 家庭運という順になります。

▼姓名判断 七運の算出法
七運算出法
天運姓の画数の合計 ※霊数考慮
人運姓名接合部2字の画数合計
地運名の画数合計 ※霊数考慮
総運天運 + 地運 ※霊数無し
外運総運 + 霊数 - 人運
社会運総運+霊数-最後一字(1字名なら霊数)
家庭運総運+霊数-最初一字(1字姓なら霊数)

■姓名判断の七運解説

天運とは、その家系運や晩年運を表すものとされ、家系の傾向や運勢を見るほか、夫婦同一性を考慮する場合、結婚後の姓の変更を考慮する際に大事になります。 また、晩年運を表すのもこの天運であり、55歳前後以降の晩年がどのような状況になるのかを推察することができます。

人運とは、その人の性格や才能を表すものとされ、性格の良し悪しや才能の方向性などを考慮する場合、非常に重要な点にもなります。 意志や決断力を表すと考えられることもあり、本人の将来性や人生の成否にも大きく関わる部分です。 特に中年運を表すのがこの人運であり、28歳~54歳前後の中年運がどのようになるのかを表しています。 この中年期の運勢は、人の人生の成否に大きく関わるため、この部分が人生の傾向を決める重要な点として考えられます。

地運は、その人の家庭環境や親子関係を表すものとされ、どのような家庭で育ってきたのか、そこからどのような家庭を築くのかを推察することができます。 結婚運や仕事運、健康面を表すものともされ、育った環境に合わせての、結婚運や仕事運の良し悪しが決まり、健康状態に影響すると考えられます。 地運は初年運を表すとされ、27歳前後までの運勢を表していると考えられています。 特に、幼少期などの人格形成の重要な時期を表す運勢でもあるため、その日の根幹を示すものとして非常に重要になります。

姓名判断の運勢
姓名判断の運勢
運勢判断
運勢判断

総運は、その人の人生の総合的な運勢を示すものとされ、天人地運と並び、非常に重要な要素にもなります。 人生がどのような傾向になり、どのような運勢を表すのかを示すものとなり、初年運~晩年運の運勢の後押しにもなります。 外運は、その人の人間関係全般を表すものとされ、良い人間関係を構築できるかどうか、周囲からどのような印象を持たれるのかを考察できます。 結婚運や健康運にも強い影響力を持つとされ、良い結婚や恋愛ができるかどうかの指標となるほか、どのような健康面に気を付ける必要があるのかが分かります。

社会運は、職場での満足度合いや人間関係を表すものとされています。 社会に出て仕事をしていく際に、どれほど満足できるのか、その才能などをどれだけ発揮できるかの指標になります。 職場での人間関係形成の良し悪しを推察することもできます。

家庭運は、家庭での満足度合いや、家庭での関係性を表すものとされます。 良い家庭環境を形成できるのかどうか、結婚後の人生や生活が幸せに満たされるのかどうかの指標になります。 家庭への貢献度などを推察できるものでもあり、結婚後の生活での方向性を示すものにもなります。

▼姓名判断 七運の解説
七運解説
天運一族や血統にに関わる運勢 宿命や晩年運
人運性格や才能 意思や決断力 中年期運
地運家庭環境や親子関係 結婚や仕事 健康面
総運人生全体 人生においての強さ 生命力
外運対人・家族関係 他人からの評価 健康面
社会運仕事への満足度合い 職場での人間関係
家庭運家庭への満足度合い 結婚や夫婦関係

▼天人地運と総運の表す時期
七運解説
天運晩年期 55歳前後以降
人運中年期 28歳~54歳前後
地運幼少期~青年期 0歳~27歳前後
総運人生全体 生まれてから亡くなるまで

■画数の吉凶と運勢名

姓名判断の七運それぞれに対して、吉画数となるものと、凶画数となるものがあります。 また、それぞれの画数に対して運勢名という呼び方があります。 流派により、この吉凶や運勢名などは変わるため、用いる流派や字体を十分に考慮することが必要になります。 画数は、1画~81画まであり、それ以上の画数になる場合は、1画に戻るという考え方が基本になります。 霊数の考慮などから、0画という特殊な考え方が一部で発生してきます。

▼画数の吉凶と運勢名
画数吉凶呼称
01画強吉全能
02画凶 離別
03画大吉希望
04画凶 困苦
05画大吉福寿
06画大吉天徳
07画吉 独立
08画吉 根気
09画大凶短命
10画大凶不遇
11画吉 逢春
12画凶 挫折
13画強吉人気
14画凶 物欲
15画吉 徳望
16画強吉衆望
17画吉 威厳
18画吉 頑固
19画大凶障害
20画大凶災厄
画数吉凶呼称
画数吉凶呼称
21画大吉頭領
22画凶 薄縁
23画強吉大成
24画大吉興産
25画吉 権謀
26画半吉波乱
27画凶 悲嘆
28画大凶遭難
29画大吉智謀
30画半吉浮沈
31画大吉成就
32画強吉抜擢
33画大吉才徳
34画大凶転落
35画吉 技芸
36画凶 乱世
37画大吉出世
38画吉 学芸
39画大吉晩成
40画半吉不定
画数吉凶呼称

▼画数の吉凶と運勢名
画数吉凶呼称
41画大吉実力
42画凶 薄弱
43画凶 散財
44画大凶衰亡
45画大吉順風
46画半吉沈没
47画大吉勤勉
48画吉 参謀
49画半吉流転
50画凶 崩落
51画凶 焦落
52画大吉機智
53画凶 表裏
54画大凶破滅
55画凶 破財
56画凶 消極
57画半吉天与
58画吉 克服
59画凶 停滞
60画大凶暗黙
画数吉凶呼称
画数吉凶呼称
61画吉 強剛
62画大凶落花
63画強吉最高
64画大凶沈滞
65画強吉末広
66画大凶苦悩
67画大吉人脈
68画大吉堅実
69画大凶敗戦
70画大凶苦難
71画半吉伏竜
72画凶 災難
73画半吉利薄
74画凶 路頭
75画半吉平凡
76画大凶徒労
77画半吉遅春
78画半吉早春
79画大凶背徳
80画大凶病厄
81画大吉繁栄
00画大凶不慮
画数吉凶呼称

■吉画数の一覧と喜神

姓名判断では、吉となる画数というものは固定されています。 この画数自体は変動することがないため、どの姓名に対しても吉数なのか、凶数なのかで判断することができます。 流派により吉数が異なる場合もあります。 命主風水派の姓名判断では、吉画数だけでの吉凶判断ではなく、命術(四柱推命)から導く喜神や、立命数を考慮して姓名判断をします。 また、既存の姓名よりも、命名の際に姓名判断を考慮するのが特徴でもあり、生まれに合わせて適切で良運の名を命名するという流れになります。

▼吉画数の一覧と喜神
運勢画数
強吉1 13 16 23 32 63 65
大吉3 5 6 21 24 29 31 33 37 39 41 45 47 52 67 68 81
7 8 11 15 17 18 25 35 38 48 58 61
半吉26 30 40 46 49 57 71 73 75 77 78
2 4 12 14 22 27 36 42 43 50 51 53 55 56 59 72 74
大凶9 10 19 20 28 34 44 54 60 62 64 66 69 70 76 79 80

■姓名判断と三才五行

「三才」とは「天」「人」「地」にあたり、世界を形成する要素になります。 この天人地の三才の調和が整うことで、全てが理にかない円滑に事がすすむと考えます。 姓名判断では、この三才を「天運」「人運」「地運」として考え、その調和の良し悪しを判断していきます。 この三才の調和がとれている名前は、姓名判断の画数での判断に加え、良い流れを持つ名として考えられます。 画数での判断が良く、三才の調和がとれている名は、努力が報われやすく、流れに背中を押され、大成できる要素を持つ名として考えます。 三才五行の調和がとれていない名前は、運勢の流れの後押しが得られず、機に恵まれないこと、努力が容易には報われないとして考えます。 三才五行の考え方は、姓名に対しての後押しや後ろ盾があるか、ないかという感じで考えていきます。

三才 天人地
天人地

三才五行を考慮する際には、「天運」「人運」「地運」を五行に置き換え、その関係性を見ます。 天人地運の画数の下一桁に注目し、「1か2」であれば「木行」とし、「3か4」であれば「火行」とし、「5か6」であれば土行とし、「7か8」であれば金行とし、「9か0」であれば水行とします。 「天運と人運」「人運と地運」の五行の関係性が良ければ、三才五行の調和がとれ、関係性が悪ければ調和がとれないと判断します。 このあたりの考え方は、古代中国の陰陽五行思想を元にしている考え方になります。 詳細は「四柱推命とは」の「陰陽五行思想」をご覧ください。

▼吉画数の一覧と喜神
下1桁五行
1 2木行
3 4火行
5 6土行
7 8金行
9 0水行

■姓名判断の陰陽配列

姓名判断では、姓名の画数を元に姓名の陰陽配列を考慮するという考え方があります。 陰陽の配列が吉であれば、姓名の持つ気の流れが良く、陰陽配列が凶であれば、気の流れが滞ると見ます。 陰陽思想では、陰陽は対になるもので互いに惹き合う性質を持つと考えます。 この配置や配分が適切であれば、姓名の持つ気が安定し、不適切であれば姓名の持つ気が不安定になると考えます。 陰陽思想では、陰と陽はどちらが良いというのではなく、それぞれがそれぞれの良し悪しを持ちます。 陰陽どちらかに偏れば均衡を欠き、適度な配分であれば気が安定するという考え方になります。

姓名判断による、陰陽の考え方は、姓名を構成する「それぞれの字の画数」を考慮します。 画数が奇数であれば「陽○」であり、画数が偶数であれば「陰●」とします。

陰陽思想については、「四柱推命とは」の「陰陽思想」をご覧ください。

▼姓名判断の陰陽配列
陰陽考え方
陽 ○画数が奇数の場合
陰 ●画数が偶数の場合

■姓名の持つの因縁

姓名判断では、姓名に関して因縁を持つという考え方があります。 因縁とは、「全ての事象は、その起因(因)と、結果を生じる作用(縁)とにより定められていること。物事の持つ定められた運命。」とされます。 姓名を構成する漢字の持つ意味が、その姓名を持つ人の因縁として、生涯抱え続けていく運命になるという考え方です。

分かりやすい例を挙ると、姓(苗字)というものは、代々受け継がれた家系的な運勢や宿命を持つものでもあり、その家系に生まれたからには、その家柄を引き継ぐという考え方です。 結婚して姓が変わる場合、変わる姓(苗字)の家系に入ることになり、同時にその家系の運勢や宿命を継ぐことになります。 子を産む場合には、その家系の運勢が子供に引き継がれていくという流れになります。 同時に、先祖の重ねて来た徳や業というものを引き継ぐとともに、自分自身が重ねる徳や業を子孫に残すことになります。 また、親や先祖の名の漢字を引き継ぐことで、その人の重ねた徳や業を引き継ぐとされます。

姓名判断の宿命
姓名判断の宿命

この他にも、漢字の持つ意味を背負うことになるため、名付けには非常に重要な意味を持ち、その人の人生の課題や運勢を大きく左右することにもなります。 「幸」という漢字を名に持つ人は、幸せになるための人生を歩むことが課題になるため、立命するまでは幸を求め続ける(幸せと縁遠い)ことになります。 「和」という漢字を名に持つ人は、人との和合、円満な人間関係を求めることが課題になるため、立命するまでは和合を求め続ける(人間関係で苦労する)ことになります。 漢字の持つ意味が一見良い意味に思えても、その漢字の字源などを調べると、問題がある時などもあるため、命名では慎重に漢字を選ぶことが大事になります。

「央」という漢字は、人が首枷や手枷をはめられていることを表し、罪を犯した人が公開処刑をされる状況を連想させます。 姓名の画数や三才五行、陰陽配列などが良い場合には、この漢字の意味なども良い方向に現れ、人の注目を浴びて自由が利かなくなる有名人になるという可能性も持ちます。 名前や漢字の持つ因縁に問題があっても、画数や三才五行、陰陽配列が良いか悪いのかで、結果の出る方向は大きく変わることになります。

これ以外にも、因縁法という姓名の持つ因縁を考える手法があり、七運の画数の関連性を考慮し、因縁を考察していくこともあります。 七運のそれぞれの画数などから、関連性を掘り下げ、先祖の因縁を引き継ぐ姓名であるとか、水のように財が流れ出ていく因縁を持つなどを考察します。 二重人格になりやすい因縁をもつこと、自殺をしやすい因縁を持つことなども掘り下げていくことができます。 姓(苗字)や親や先祖の名、漢字の持つ意味や字源、因縁法などにより、名前には様々な因縁を持ち、その人の人生に大きな影響を与えているのが、因縁の考慮になります。

姓名判断の因縁
姓名判断の因縁

■姓名判断における姓名の良し悪し

姓名判断では、基本は画数により良し悪しを推察していくことになります。 しかし、実際には画数が良ければ良い名前となり、画数が悪ければ悪い名前になるという訳ではありません。 姓名の画数が良ければ、その姓名の持つ潜在能力が高くはなりますが、悪いからと言って能力がないという訳ではありません。 姓名の画数が良くても、犯罪者になる人もいれば、画数が悪くても成功する人も居ます。 むしろ、姓名の画数が良い場合、人生が思い通りになりやすく、努力や忍耐を忘れてしまうこと、安易に結果を求めて道を踏み外してしまうことも多くなります。 逆に、姓名の画数が悪い場合、思うように行かずに努力や忍耐を重ね、辛抱強く前に進む事で、結果的に大成するということも多くなります。 何よりも生まれ育った環境やその後の人間関係、親からの愛情というものが重要になり、姓名の画数だけでは吉凶を計れない要素も多いものになります。

姓名の良し悪し
姓名の良し悪し
姓名の良し悪し
姓名の良し悪し

姓名判断は絶対的なものではなく、あくまで姓名の持つ潜在的な運勢や能力であり、それを開花し立命するには自分を知り、徳と努力を重ねることが大事になります。 本当の意味での良い名前とは、親から愛情を注がれた名前であり、大事に育てられたかどうかや、本人が名前を受け入れ、立命するかどうかということになります。

姓名判断的に名前の良し悪しを考えていく際には、画数での姓名判断は、その姓名の持つ性格や傾向を推察することが基本になります。 三才五行では、その姓名の持つ性格や傾向が良く出るかどうか、努力などが報われやすいかどうかを推察します。 陰陽の配置では、名前の持つ気の安定度合いを推察し、安定した人生になるのか、不安定な傾向になるのかを推察します。 姓名の持つ因縁では、名前の持つ因縁を推察し、人生においてどのような課題を持つのかを推察していきます。 どれが重要かという訳ではなく、それぞれが重要であり、程よく均衡が得られていることが大事になります。

上記にもありますが、姓名判断の結果で良い名前でも、世間の批判を浴びるような犯罪を犯すことも少なくはありません。 姓名判断の結果が悪い名前でも、歴史に名を残すような成功を収める人も居ます。 姓名判断は潜在的な能力や運勢を見る手法であり、人生を決定づけるような絶対的なものではありません。 一番大事になるのは、どのような名前でも、名付け親の愛情が籠っているかどうかが重要な点になります。

姓名の良し悪し
姓名の良し悪し
姓名の良し悪し
姓名の良し悪し

■姓名判断と改名

姓名判断で改名をするという人も居ますが、実際に戸籍上の名前を変更するにはかなり敷居が高くなります。 それをするには相当な理由が無ければ申請が通ることもなく、余程のことがない限りは戸籍上の改名はお勧めいたしません。 しかし、戸籍上の改名と言う程の事ではなく、普段使う姓名や芸名、源氏名などに関しては、良い姓名を使うことはお勧めです。 戸籍上は旧字体で複雑な姓名の人でも、実際に普段使う姓名では、新字体を用いている場合があるのと同じように、表記する名を変えて運勢を良くするのが姓名判断の手法でもあります。

企業の社長や芸能人が改名し、業績や知名度を上げるという手法がとられているように、友好的に活用すると運勢の流れを改善することもできます。 漢字を旧字体から新字体に変えることや、漢字を置き換えることなどは手軽にできる手法でもあり、活用しない手はありません。 表札などの姓名を無理のない範囲で変えることや、名刺の姓名を工夫すること、ビジネスネームや屋号、源氏名や芸名、活動名などを工夫して運勢を良くするのは姓名判断の活用法でもあります。

それぞれの場面で、適切で良い名前を活用していくことで、人生での可能性が大きく広がることになります。 名は体を表すという基本概念が姓名判断の元になる物でもありますので、良い名を持つことは、幸せや成功を身近なものにする近道にもなります。

姓名判断による改名
姓名判断による改名
姓名判断による改名
姓名判断による改名

■姓名判断と幸不幸

姓名判断の結果が良いから幸せになれるという訳ではありません。 姓名判断の結果が悪いから不幸になるという訳ではありません。 姓名判断の結果が良く、人生が思うようになるからと傲慢になり、道を踏み外してしまえば不幸になります。 姓名判断の結果が悪く、人生が思い通りにならなくとも諦めず、努力と忍耐を重ねていければ幸せになれます。

良すぎる名前は逆に努力や忍耐を欠いてしまう性格や人生になり、大きく道を歪めてしまうことにもあります。 悪すぎる名前でも、諦めない忍耐力を養うことで、大成することがあります。 姓名判断の結果が悪い名は、特に芸術方面や創作分野では、独自の独創的な発想から大成をすることも多く、才能を生かす方面を見つけられると人生が大きく変わります。 姓名判断の結果が、良い名前と悪い名前では、一長一短があり、極端になりやすいというのが問題点にもなります。

姓名判断の結果が、良い面もあれば、悪い面もあるというのが理想的な名前であり、良い点を伸ばし、悪い点を克服することで幸せな人生を手にすることができます。 程よく忍耐や努力という概念を受け入れ、その結果が得られるという程よい配分が本当の意味での理想的な結果でもあります。 全体の七割~八割くらいが良い結果で、残りが障害もあるという結果であれば、努力と忍耐を重ね、成功できる器を持つと考えることが大事になります。

幸せな人生
幸せな人生
不幸せな人生
不幸せな人生

■当社運営の無料姓名判断のサイト

姓名判断のサイトでは、姓名判断のより詳細な解説などを公開しております。 姓名判断で重要になる画数の詳細の意味や、姓名の持つ因縁の算出法などを紹介しております。 他にも、同数同格の説明や陰陽配列の吉凶のなども詳細に解説しています。 また、実際に姓名判断での無料鑑定などを通じ、画数の意味やその姓名が持つ運勢などを占うことができます。 三才五行や陰陽配列なども無料の姓名判断で占えるので、自分自身の姓名がどのような運勢を持つのかを、総合的に判断していくことができます。

無料姓名判断のサイトでは、姓名判断の解説だけではなく、無料の姓名判断ができるほか、芸能人の姓名判断などもあります。 実際に芸能人の姓名判断を通じて、その人がどのような運勢や性格であるのか、今後の活躍が期待できるのかどうかが占いを通して確認できます。


■姓名判断の得意分野と位置付け

姓名判断の得意分野は、その姓名や名称が持つ運勢の吉凶を占うことになります。 その姓名を持つ人がどのような運勢や性格なのか、どのような人生を歩むのかを占うのに向いている占術になります。 その人の潜在的な能力や努力の報われやすさなどを掘り下げていくことができます。 姓名判断は、名前の持つ潜在能力がどのようなものかを占うことはできますが、人の気持ちや深層心理を読み解くには適していません。 名前同士の相性や家系同士の相性、仕事での相性や結婚後の相性などを占うことはできます。 病気の傾向や家系的に持つ因縁を占うこともできます。

姓名判断は「命術・卜術・相術」で言うところの「相術」にあたります。 命主風水派では「相術」に位置づけておりますが、流派によっては命術などに位置付けられています。 命主風水派では「相術」として考え、名前や名称の持つ運勢を掘り下げていくことが得意分野になります。 人の気持ちなどの目に見えないことを占うには適していません。

▼姓名判断の位置づけ
命術生年月日時から算出
卜術その場の機運から算出
相術見た目や様相から算出←姓名判断